和歌山県有田郡湯浅町大字湯浅字宮後1914鎮座 湯浅大宮 顯國神社
■10/18(火) 顯國神社例祭 午前11時~
平成28年の顯國神社例祭は、晴天に恵まれ、大勢の氏子崇敬者で賑わいました。
本年で3年目になりますが、昨年に引き続いて「羽衣国際大学」の学生の皆さんが地域活性化の一環として神社本神輿を担いでもらうことになり、御旅所の北恵比須神社まで渡御を行いました。

【神事の流れ】
■午前11時 顯國神社本殿において神前式執行
斎主他祭員4名が祭典を行い、町長を始めとする各種団体の来賓、各奉納神輿代表、総代などが参列します。
 

 
 
■正午~12時30分 町内奉納神輿が神社に宮入
各区の奉納神輿約20基が宮入され、神社前駐車場に渡御順に集合します。
 

■12時30分~ 境内で参拝(休憩)
参拝して渡御が始まるまでの暫しの間、露天商の屋台で楽しみます。
 

 

■13時頃~ 境内及び神社前において獅子舞、太鼓の奉納
三面獅子舞(県指定無形民族文化財)、疾風打太鼓、湯浅子供会太鼓の奉納で魅了します。
 

 

■13時30分~ 神社前からなぎ公園まで渡御(奉納神輿約20数基)
抽選した順に奉納神輿約20数基、三面獅子舞、神社本神輿と連ねてなぎ公園まで渡御を行います。
【神社から渡御】

 
  

 
 

■15時30分 北恵比須神社(御旅所)にて浜宮神前式を執行
御旅所の北恵比須神社において、総代、三面保存会が参列し、神前式を執り行います。
 

■16時 なぎ公園において三面獅子舞の奉納、掛鯛・餅投げの実施
三面獅子舞(和歌山県指定無形民俗文化財)を奉納し、餅投げ(餅、掛け鯛、お菓子)を行います。
  餅投げ(なぎ公園) 

●湯浅町広報2016年11月号表紙より
 



●ゆあさ議会だより平成28年11月号表紙より
嘉永4年(1851年)「紀伊国名所図会後編」湯浅祭礼御輿渡御の図
ごさいじん
ごゆいしょ
けいだいあんない
さいてん
ごきとう
ぶんかざい
ししまい
れきし
じゅよひん
しき
ちんじゅのもり
おおみやでん
ごしょぐるま
しょうがつ
やくばらい
はつうまさい
わかみやよいみや
わかみやさい
れいたいさい
しちごさん
おおみそか
日本遺産「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅
リンク
アクセス
Eメール
 全国約8万社の神社を包括する神社本庁 日本会議-誇りある国づくりへ~政策提言と国民運動
伊勢の神宮   靖國神社      
国旗「日の丸」  国旗「日の丸」国歌、「君が代」を大切にしましょう!
ホームページ運営事務局
〒643-0004
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1914
湯浅大宮 顯國神社社務所
TEL (0737)62-2405
FAX (0737)62-2609
無断で転用および改変して使うことはご遠慮下さい。
copyright(c)2006 kenkoku.All right reserved

平成28年 顯國神社の秋季例大祭