和歌山県有田郡湯浅町大字湯浅字宮後1914鎮座 湯浅大宮 顯國神社

趣   意   書

  顯國神社の御所車は、大正初期に当神社へ奉納されたもので、その後、数十年渡御に使用されてきましたが、経年劣化により現在まで保管庫に眠り続けている状態にあります。
 今般、氏子総代会では、修復して再度、秋季例大祭において渡御をすることで、古き良き伝統を護っていきたい所存でございます。
 つきましては、氏子崇敬者の皆様方に御理解、御協力頂きまして、心からの御奉賛を切にお願い申し上げます。
                             記
1.事業費総額   金9百萬円     

  平成26年10月
                                       顯國神社氏子総代会


大正初期 御所車奉納式】


昭和15年 皇紀2600年記念式典】


平成26年顯國神社秋季例大祭で寄附を募集
平成26年秋季例大祭での寄附募集
嘉永4年(1851年)「紀伊国名所図会後編」湯浅祭礼御輿渡御の図
 全国約8万社の神社を包括する神社本庁 日本会議-誇りある国づくりへ~政策提言と国民運動
伊勢の神宮  第62回神宮式年遷宮-二十年に一度の遷御-   靖國神社  湯浅大宮 顯國神社 に投票する    
国旗「日の丸」  国旗「日の丸」国歌、「君が代」を大切にしましょう!
ホームページ運営事務局
〒643-0004
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1914
湯浅大宮 顯國神社社務所
TEL (0737)62-2405
FAX (0737)62-2609
無断で転用および改変して使うことはご遠慮下さい。
copyright(c)2006 kenkoku.All right reserved

御所車修復に係る御寄付のお願い
ごさいじん
ごゆいしょ
けいだいあんない
さいてん
ごきとう
ぶんかざい
ししまい
れきし
じゅよひん
しき
ちんじゅのもり
おおみやでん
ごしょぐるま
しょうがつ
やくばらい
はつうまさい
わかみやよいみや
わかみやさい
れいたいさい
しちごさん
おおみそか
日本遺産「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅
リンク
アクセス
Eメール