平成28年  
顯國神社の初午神事初午の稲荷大神
平成28年3月13日(日)
厳粛に初午祭神事を執行!


●午前10時~午後3時 厄祓御祈祷

「厄」をお祓いしようと、今年も多くの氏子崇敬者の方々が当神社に来られました。厄を祓い福に転じ、神前において自分を見つめ直し、与えられた役を乗り切れるよう祈願しました。


●午後4時 初午祭神前式
 【顯國神社摂末社の一つである稲荷社】
明治40年9月22日、合祀令により当神社に合祀された。
今年もたくさんの多くの方々からお供え物が奉献され、家内安全、厄祓い、商売繁盛、五穀豊穣などを祈願しました。
供え物は、神前式終了後、餅投げの際、総代達からお餅と一緒に投げられます。

【修祓】
稲荷社において、宮司、来賓、総代20数名が参列し、神前式を行いました。
まず、祓詞を奏上し、大麻で参列者を祓います。

【玉串奉奠】
祝詞奏上の後、宮司に続いて総代会長、湯浅町長、湯浅町議会代表、農業代表、漁業代表、商工代表、建設業代表の方々が順に玉串を奉奠します。


●午後4時30分 餅投げ

神前式終了後、境内において氏子総代会による恒例の「もち投げ」が行われました。
今年は、日曜日で天気が良かったこともあり、たくさんの氏子崇敬者の皆様が「餅投げ」に参加されました。
町長を始めとする来賓の方々と総代から、多くの餅、パン、お菓子などのお下がりが投げ;れ、大盛り上がりとなりました。










お餅は、昔から神聖視され、餅投げにより厄を祓うことができるとされています。
多くの方々にお餅やお菓子などを奉献して頂き、それを色んな人々に持ち帰ってもらうことにより、氏神様の御加護を与えることができれば幸いに思います。
本年の初午祭を盛大に執り行えたことを心から感謝し、来年の初午も「もち投げ」を継続していく所存でございますので、またのお越しをお待ちしております。

■有田タイムス(平成28年3月16日掲載)


■和歌山特報(平成28年3月21日掲載)


■ツー・ワン紀州(平成28年4月1日掲載)
初午とは…                                                    京都の伏見稲荷の神が降臨した日といわれる旧暦2月最初の午の日で、全国の稲荷社で祭典が執り行われます。
稲荷大神は元々農業神ですが、現在は商売繁盛・交通安全その他諸々の御利益があります。

厄祓とは…
元来厄年は、心理的、生理的、社会的にも人生の大転換期で、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことになります。これらの年齢の頃、 病気や思わぬ災難が起こりがちで、その間を忌み慎まなければならなく、無事厄年を通過できるよう祈願します。 
 
↓ 
最新の初午祭【ご案内】 
和歌山県有田郡湯浅町大字湯浅字宮後1914鎮座 湯浅大宮 顯國神社
初午祭、厄祓(厄払、厄除)、午後4時30分餅投げ(もち・菓子・パンなど)
嘉永4年(1851年)「紀伊国名所図会後編」湯浅祭礼御輿渡御の図
 全国約8万社の神社を包括する神社本庁 日本会議-誇りある国づくりへ~政策提言と国民運動
伊勢の神宮   靖國神社      
国旗「日の丸」  国旗「日の丸」国歌、「君が代」を大切にしましょう!
ホームページ運営事務局
〒643-0004
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1914
湯浅大宮 顯國神社社務所
TEL (0737)62-2405
FAX (0737)62-2609
無断で転用および改変して使うことはご遠慮下さい。
copyright(c)2006 kenkoku.All right reserved
ごさいじん
ごゆいしょ
けいだいあんない
さいてん
ごきとう
ぶんかざい
ししまい
れきし
じゅよひん
しき
ちんじゅのもり
おおみやでん
ごしょぐるま
しょうがつ
やくばらい
はつうまさい
わかみやよいみや
わかみやさい
れいたいさい
しちごさん
おおみそか
日本遺産「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅
リンク
アクセス
Eメール