和歌山県有田郡湯浅町大字湯浅字宮後1914鎮座 湯浅大宮 顯國神社
厄祓(厄払、厄除)は、湯浅の大宮さん
 厄年とは・・・
元来、厄年は、心理的、生理的、社会的にも人生の大転換期で、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことになります。
これらの年齢の頃、 病気や思わぬ災難が起こりがちで、その間を忌み慎まなければならなく、無事厄年を通過できるよう祈願します。
厄払いの時期については、現在では一年中御祈祷を受付しておりますが、元旦から松の内(1月15日)、又は節分(2月3日)までに御祈祷されるのが良いとされています。節分は、季節の節目で立春(2月4日)の前日であり、旧暦では、立春が一年の始まりである元旦であったので、今で言うところの大晦日になります。
このことから、現在でも節分までに一年の厄を祓い、新しい一年を迎えるという古くからの風習が残っています。
厄年の数え方は数え年になり、今年で満年齢になる年齢に1つ足した歳になります。
下記の表をご参考にしてください。

平成29年 厄年表
 厄 年 表  ( 数 え 歳 )  
 男  性  厄 女  性
24歳(平成6年生) 前厄 18歳(平成12年生)
25歳(平成5年生) 本厄 19歳(平成11年生)
26歳(平成4年生) 後厄 20歳(平成10年生)
41歳(昭和52年生) 前厄  32歳(昭和61年生)
42歳(昭和51年生) 大厄  33歳(昭和60年生)
43歳(昭和50年生) 後厄  34歳(昭和59年生)
   前厄 36歳(昭和57年生)
本厄  37歳(昭和56年生)
後厄 38歳(昭和55年生)
60歳(昭和33年生) 前厄  60歳(昭和33年生)
61歳(昭和32年生) 本厄  61歳(昭和32年生)
62歳(昭和31年生) 後厄  62歳(昭和31年生)
※厄年については、地域・風習によって上記の表とは異なる場合があります。
厄除け祈願 
顯國神社では、元旦から多くの厄祓いの受付を行っております。
当社では、旧初午に併せて厄を祓う方が多いことから、正月から旧初午までに多くの参拝者が御祈祷を受けます。

【御祈祷順序】
1.社務所にて御祈祷票に玉串料を添えて受付し、拝殿へお上がり頂きます。
   (玉串料は、特に定めておりませんが、目安としてお一人様につき3000円からのお納めとなります。)
拝殿

2.拝殿において、太鼓の音で御祈祷が始まり、厳粛に執行されます。
祝詞殿

3.先ず、心身の罪穢(つみけがれ)を祓うため、修祓(しゅばつ)を行います。
  神職が祓詞(はらえことば)を秦上し、その間は祭典に参列している人たち全員が頭を下げた姿勢のままでお祓いを受けます。
  
大麻

 その後、神職が大麻(おおぬさ)を持ち、参拝者を左・右・左と振って穢れを祓います。


4.神職が一拝した後、厄除祈願の祝詞を奏上し、金幣の鈴を参拝者の頭上で鳴らして御神徳を与えます。
  次に、参拝者が玉串を奉奠します。
金幣

5.神職が一拝し、御祈祷を終えます。
  参拝者に名前と生年月日を記した厄除祈願の御札、御守、お下がりの撤饌、(八角箸)を授与します。
 
嘉永4年(1851年)「紀伊国名所図会後編」湯浅祭礼御輿渡御の図
やくばらい
 全国約8万社の神社を包括する神社本庁 日本会議-誇りある国づくりへ~政策提言と国民運動
伊勢の神宮   靖國神社      
国旗「日の丸」  国旗「日の丸」国歌、「君が代」を大切にしましょう!
ホームページ運営事務局
〒643-0004
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1914
湯浅大宮 顯國神社社務所
TEL (0737)62-2405
FAX (0737)62-2609
無断で転用および改変して使うことはご遠慮下さい。
copyright(c)2006 kenkoku.All right reserved
ごさいじん
ごゆいしょ
けいだいあんない
さいてん
ごきとう
ぶんかざい
ししまい
れきし
じゅよひん
しき
ちんじゅのもり
おおみやでん
ごしょぐるま
しょうがつ
やくばらい
はつうまさい
わかみやよいみや
わかみやさい
れいたいさい
しちごさん
おおみそか
日本遺産「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅
リンク
アクセス
Eメール
厄を祓い福に転じ、神前において自分を見つめ直し、与えられた役を乗り切れるよう御祈祷しましょう!